石巻[長面浦]

おらほのカキ認定支所 河北町 支所 石巻
[長面浦]
豊富な栄養分で育つ1年カキ
抜群の身入りと甘み


漁場

漁場 長面浦に面する宮城県北東部に位置する河北町は、標高300mの明神山をはじめ、周囲を山々に囲まれた環境にあります。
植物プランクトンを豊富に含む清流が、長面浦に流れ込むカキ養殖の絶好の漁場として知られています。
内海で穏やかな海域であるため、カキの養殖に適しており、成長のスピードも速く短期間でも強い甘みが生まれます。
そのため、10cm程度のカキでも身入りが良く“一年子”で出荷することができます。

カキの魅力

  • 約10cmの食べ頃サイズ
  • 1年子出荷だから、とても甘口
  • 殻から溢れんばかりの身入り
周囲を山々に囲まれて育つ、石巻長面浦のカキは、植物プランクトンを豊富に取り入れるために1年間で出荷されます。
1年物の特徴であるフレッシュな甘みで“食べやすさ”に定評があります。

長面カキ 甘み
長面浦ブランド
長面カキ

河北町 支所

河北町 支所

長面浦だけでなく、追波湾では刺し網、籠漁も行われております。
1年を通じて、鮭、平目、かれい、平詰かに、ワタリガニ、ウニ、穴子等の様々な魚が水揚げされています。
震災後の今も、20名弱の生産者がカキ養殖に携わっております。
長面浦で養殖される
1年物のカキは、
甘みが“格別”です

旨さの秘密

宮城県河北町 長面カキ

1.豊富な栄養分

長面浦は、周囲を山々に囲まれた漁場です。山々からは豊富な植物プランクトンが注ぎ込まれ、カキの成長を促します。
豊富な栄養を取り込みながら育つカキは、短期間で身入りも良く甘みのあるカキに成長します。

2.穏やかな海域

長面浦は、周囲を山々に囲まれているために、台風の影響も受けにくい漁場です。
11月の台風の時期でも、カキの落下が非常に少ないです。
台風の影響でカキが口を閉じてしまう心配も少ないため、年間を通じて常に豊富な養分を取り入れて育ちます。

3.筏移動の徹底で、栄養分がカキに行き渡る

穏やかで深い入り江の特徴を生かし、筏式養殖を採用しています。
筏式養殖は生育場所を移動しやすいことが特徴です。
筏の間隔を幅広くすることで、一粒一粒のカキが養分を取り込みやすい環境になります。

4.1年物の甘み

1年物のカキは、その甘みが特徴的で、カキになじみが薄い方でも、美味しく食べることができます。

生産者の想い
風景
自慢の長面カキを1人でも
多くの人に食べて欲しい。


作業中 石巻長面浦は、2011年の東日本大震災により甚大な被害を受けました。
震災から早数年、今尚傷跡は残るもののカキの養殖に全力を尽くしております。
我々の目標は、苦労をして育てた1年物の“長面カキ” の魅力を体感していただき、長面浦ブランドを全国に浸透させることです。



連絡先
宮城県漁業協同組合 経済事業部 事業企画班
〒986-0032 宮城県石巻市開成1番27

TEL 0225-21-5746
FAX 0225-21-5636


営業時間 平日 9:00~17:00
担当部 経済事業部 事業企画班

商品ブランド

この産地のブランドはありません。