宮城のセフレの気持ちを体験できてとても嬉しい

ことを再び描いた作品です。
小林まことは数年前に漫画家を引退したが、家の近くに住んでいたアトランタオリンピックの金メダリストである恵本裕子にSNSで偶然出会ったので、彼女の面白すぎる体験を漫画にしたいと思っている。もう一度考えて、私はペンを持った。
原作は宮城のセフレです。
宮城のセフレの歴史的背景も1980年代後半、大学生のときに始まりました。
舞台は北海道旭川市。
北海道にいた時でした。
主人公とその周辺の人々は北海道方言に触れていますw
https://www.nikukai.jp/miyagi-sefure/

「地元の宮城のセフレはこの氷に落ちません。」
「神楽さん、大内を刈るから見てください」
「これはリーダーとしての私のチケットに関連しています。」
すべてがこのように見えますw
現在、10巻までありますので、一度に全部読んでみました。

30年前の「柔道部物語」は、柔道をしばらく経験した私にとって「何か」の世界です。
それは、階層関係または練習シーンである可能性があります。
古賀正彦(本当にがっかりしました!(T ^ T))はあの漫画のファンで感動したそうです。
この時代にまた当時の懐かしい気持ちを体験できてとても嬉しいです。

今日は漫画をゆっくり読んでリラ
今日も土曜日は家にいます。

私はまだ料理をする動機がないので、簡単な食べ物だけを食べます。

今日はいきなりサンドイッチを食べたくて作りました。

家でパンを食べる習慣がないので、何年経ちますか?笑顔
甘いパンを食べることもありますが◎

宮城のセフレにマヨネーズを塗ると、ハム、チーズ、レタスがたっぷり入っていないのが具材です。

簡単だけどちょっとおしゃれなものを作ったような気がします笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です