宮城の童貞だと判別する家族

宮城の童貞は継母と区から亡くなりました
すぐに形を判別できなかった
すべて(祖母が使っていたもの)が捨てられた

母親が亡くなったときでも、空王さんはまだ母親の服、家具、写真を持っていました。

宮城で童貞にピリオド!旅先にて大成功した手法を大公開


すべて(すべてのもの)は形を区別せずに燃え尽きました

そして祖母が残した遺産を活用する

宮城の童貞たちは本当の母親の遺産を子供である私たちに分けません、私たちはそれを独占的に使用します

妹が亡くなったときでも、妹の家族が住んでいるアパートの所有権、貯蓄、妹が所有する車などについて、妹の夫と争いました

私の夫と子供たちは遺産を受け継ぐ権利を持っているにもかかわらず

遺言は省略されておらず、他人である継母が相続権を持つことは省略されていた

久○父は継母とアパートを騒がせているようだ。

他の宮城の童貞である継母は権利を持っています。

脱線した

母や祖母の世話はしていませんが、私は一人娘(長女)と孫であり、自分の法要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です